岐阜のお米、日本のお米、おいしいお米の通販

お米の豆知識
HOME > お米の豆知識 > 無洗米

安全!安心!おいしい!無洗米は水を入れるだけでそのままご飯が炊けます

無洗米 ハツシモ
無洗米 こしひかり
  • きれいな水での「クロス洗米方式」で理想的な洗米を実現し安心出来る無洗米をお届けします。
  • 常に新鮮水で仕上げ洗いを行い「きれい」な保存性の良い無洗米に仕上げます。
  • 水道水で洗米することにより、普通精米に比べ一般性菌数が大幅に減少します。
  • 衛生的な生産工程で万全な品質管理による安全な無洗米を提供致します。
  • 「瞬間洗米」でうまみ成分を残し糠だけをきれいに取り除いているのでおいしく炊き上がります。
  • 独自のタテ形洗米部により極めて低い濁度の無洗米に仕上げ、冷めても黄ばむことなくおいしさが持続します。
  • 米を洗う手間がかからず大変便利です。
  • 洗う必要がないのでとても経済的です。
  • とぎ汁がでないので河川を汚しません。
  • 洗米による目減りがないので、炊き増えが期待できます。
無洗米炊飯マニュアル
なぜ無洗米は、いいのか

無洗米コストパフォーマンス

節水効果

美味しいご飯を炊くための重要な洗米。想像以上に大量の水を使用しています。
無洗米使用で節水。(米重量の約15~20倍)


正味量が多い

普通精米には約3%の肌ヌカがついているため、5kgなら研ぎ洗いをすると実際には150gを捨てている事となります。
無洗米使用でロス(無駄)がなくなります。


人件費(時間、労力)の節約

洗米にかかっていた人件費(時間、労力)が無くなります。
または、その時間を他の調理や販促に使う事もできます。

無洗米5kg使用時試算

  無洗米使用時 普通精米使用時
上水道
(炊飯水含まず)
0円 5kg×15倍=75kg(L)
(お米)×(洗米に必要量)=(洗米水)
75L×0.291円/L=21.82円
(洗米水)×(水道単価)=上水道代
下水道 0円 75L×0.215円/L=16.12円
(洗米水)×(下水単価)=下水道代
ロス
(洗米時)
流出分 0円 流出分
5kg×3%×350円/kg=52.5円
(お米)×(ロス比率)×(米単価)=ロス分
人件費
(洗米時)
0円 時給780円(パート)、洗米10分
780円÷6=130円
(時間給)÷(時間)=洗米人件費
0円/5kg 220.44円/5kg
0円/5kg 44.088円/1kg

注) 上下水道料は契約の水道管径、使用量、契約団体、水道局により違うため、上記試算とは異なります。
注) 洗米回数には個人差があります。

ビタミンの残存が多い

無洗米は、何一つ添加されていませんが、従来のコメよりも、ビタミンB1やナイアシンの含有率が高い。
それは、従来のように洗米に際する流出がないからです。従って自然健康食です。


成分分析比較データー

成分分析比較データー

  無洗精米方式のコメ(供試品A) 従来精米方式のコメ(供試品B)
ナイアシン 0.47mg/100g 0.22mg/100g
ビタミンB1
(サイアシン)
0.04mg/100g 0.02mg/100g
ビタミンB2
(リボフラミン)
0.01mg/100g 0.01mg/100g

※(財)日本食品分析センターにて分析した。
※供試品Aは、すでに無洗精米製法しているのでそのまま測定した。
※供試品Bは、手でポピュラーな洗米をし、自然乾燥したコメを測定した。
※上記のコメは、平成2年産新潟県コシヒカリを同じ歩留りになる様に精米した。


ビタミンについて

ナイアシン ニコチン酸、ニコチン酸アミドを合わせてナイアシンと呼びます。体内の酸化反応に関係しています。欠乏症としてペラグラ、口舌病、下痢、皮膚炎、神経障害などが知られています。とうもろこし主食、動物性たんばく質不足の食事によって起こります。
ビタミンB1
(サイアシン)
糖質の代謝に必要でB1の必要量は糖質の摂取量に比例します。欠乏症として脚気、多発性神経炎、浮腫、心肥大、便秘が知られています。でんぷん質の精製加工食品や砂糖入り飲料・菓子のとりすぎによるB1不足の人が増えています。穀類の糠・胚芽・肉・レバー・酵母に多く含まれています。
ビタミンB2
(リボフラミン)
アミノ酸、脂肪、糖質の代謝に必要です。欠乏症として口唇炎、口角炎、角膜炎などがあります。レバー、卵黄、酵母、胚芽、肉、牛乳、緑黄色野菜に多く含まれます。

ジャーで黄ばみにくい

研ぎ方が不充分なコメはジャーに入れておくと黄色くなりますが、無洗米は黄ばみは少なく、それは黄ばみ原因となる肌ヌカなどを完全に除去しているからです。


飯の経時劣化による白度変化

飯の経時劣化による白度変化

※白度は、ケット製白度計C-300にて測定した。
※保温は、日立製作所製炊飯ジャーRZ-1830を使用した。